せいとく介護こども福祉専門学校|2年間で保育士資格・幼稚園教諭免許または介護福祉士の資格

  • 資料請求
  • 体験入学
  • 交通アクセス
フリーダイヤル 0120-963-667 〒064-0811 札幌市中央区南11条西8丁目
HOME > こども福祉科

こどもと保護者に信頼される、保育のプロになろう。

2年間で取得できる資格|就職の可能性を広げる資格が多彩|■保育士・幼稚園教諭コース(40名)2年間 【取得資格】● 保育士 ●幼稚園教諭2種免許※ ●社会福祉主事任用資格※ ●介護職員初任者研修 ●短期大学士※ ●専門士 ※豊岡短期大学通信教育部こども学習サポート校として取得することができます。 ※「教職課程認定申請中」ただし、文部科学省における審査の結果、予定している教職課程の時期が変更となる可能性があります。 ■保育士コース(40名)2年間 【取得資格】●保育士 ●幼児体育指導者2級 ●児童厚生2級指導員 ●介護職員初任者研修 ●専門士 【目標資格】●こども環境管理士 ●全国手話検定(受験料は個人負担、希望者のみ受験)

せいとくで学ぶメリット

平成29年度就職決定率100%
  1. 一人ひとりの個性と適性を伸ばすクラス担任制で、学生生活の悩みや不安も安心へと導きます。
  2. 平成29年度就職決定率100%!一人ひとりの希望就職をすべての教員がサポートしています。
  3. 障がいを持つ子どもたちへの理解につながる福祉の授業が充実。ボランティア活動を通して、人間力を深めます。

「保育士」の仕事

保育士の仕事は、施設によって役割も、利用するこどもも異なります。保育所では、0歳から小学校入学前までのこどもに基本的な生活習慣を教えたり、あそびを通じて心身の発達をサポートします。その他、家庭での養育が困難なこどもが生活する児童養護施設では、生活全般を養護することが主な仕事になります。

「幼稚園教諭」の仕事

幼稚園は小学校や中学校と同じ学校で、幼稚園の先生も教諭になります。主に3歳から5歳までの幼児を対象に、生活に必要な知識や身体の動かし方などを教育していくのが幼稚園教諭の仕事です。おゆうぎやお絵かきも教育の一環として行われ、ただこどもが好きなだけではなく、幼児教育の専門知識や技術が求められます。

保育士・幼稚園教諭に求められる力

「こどもが好き!」という気持ちはとても大切ですが、仕事を通して、こどものより良い成長や発達を促す力が求められます。また、仕事で関わるのはこどもたちだけではなく、保護者との関わりも重要な仕事のひとつ。信頼される保育士・幼稚園教諭になるために、人間性を磨くことも大切です。

  • 社会人としての基本的な礼儀やマナーが身についている。
  • こどもを育てる・命を預かっているという責任感がある。
  • 何ごとにも前向きに取り組むことができる。
  • 謙虚な姿勢を持ち、保育者として成長するための努力を怠らない。
  • 健康管理がしっかりできる。
  • 協調性を持って仕事に取り組める。
  • 表情や感性が豊かであり、表現力がある。
  • こども・保護者・同僚への気遣いや心配りができる。
  • 常に精神状態が安定している。

コラム 認定こども園保育所と幼稚園は役割が異なりますが、近年その壁を取り払い、教育と保育の両方の機能を持った新しい保育施設を目指す動き「幼保一元化」が進んでいます。その新しい保育施設が「認定こども園」です。現在、幼稚園に保育所の機能を加えた「幼稚園型」と、保育所に幼稚園の機能を加えた「保育所型」、新たに両機能を一緒にした「幼保連携型」などがあります。認定こども園で働くには、基本的に保育士と幼稚園教諭が必要となります。

各コースの特徴

保育士・幼稚園教諭コース
  1. 2年間で保育士と、幼稚園教諭2種免許の国家資格が両方とも取得できます。
  2. さらに将来に役立つ、介護分野、障がい分野の資格・免許も卒業と同時に取得できます。
  3. 保育園・幼稚園・認定こども園・各種児童福祉施設・障がい者支援施設など、幅広い就職が可能です。
  4. 短期大学士資格(豊岡短期大学通信教育部こども学科)も取得できます。
保育士コース
  1. 保育士の国家資格や幼児体育指導者などの資格・免許を卒業と同時に取得できます。
  2. 保育園のほか、各種児童福祉施設・障がい者支援施設への就職が可能です。
  3. 2年次の保育実習が多く、実践力がしっかりと身につきます。
  4. 保育園で働くうえで欠かせない実技系授業(体育・音楽・環境・図画・手話)が充実しています。
  5. 2年間の学費が低く抑えられて経済的です。
    (③・④・⑤は※本校「保育士・幼稚園教諭コース」と比較した場合。)

POINT

  • 楽しみながら実力がアップする実技が豊富!

    ピアノや図画工作など、保育園や幼稚園で必要な実技を中心に学べる授業が豊富です。保育の現場に直結した内容で、楽しみながら実践力が身につきます。

  • 独自のカリキュラムで豊かな人間性が自然と身につく!

    手話や点字といった福祉系の授業など、せいとくならではのカリキュラムで福祉の心を理解し、支援者としてこどもや障がい者の理解を深めます。

  • さまざまな施設での実習が就職の幅を広げる!

    在学中に保育園や幼稚園のほか、児童養護施設などさまざまな施設で実習を体験します。幅広い視野を身につけることで、就職の選択肢も広がります。

  • 「知識」や「理論」もしっかり学べる!

    こどもの発達の過程や障がいの理解など、保育者としての基礎となる知識や理論もしっかり習得できます。学んだ知識は現場実習で磨きをかけていきます。

授業内容|せいとくではこんな授業を行います。

こどもとリズム表現
歌や手遊びなど、ピアノ伴奏に合わせて体を動かしリズム感を養います。こどもたちに音楽の楽しさを伝えるための表現法を学びます。

こどもと文学
保育の現場で使う主要教材のひとつ、魅力あふれる絵本や童話についての知識を学び、理解を深めます。

こども学概論
こどもをとりまく環境について知識を深めるとともに、こどもの発達に合わせた遊びを考え、「育つ力」を理解します。

卒業研究
脚本から演出、衣装、音楽まで、学生の力で手がける「オペレッタ」を制作。準備を通して調整力や表現力、指導力を養います。

環境Ⅰ・Ⅱ
四季折々の自然を感じとる豊かな感性を養うとともに、こどもたちの好奇心や探究心を育む教材の知識を身に付けます。

こどもと造形Ⅰ・Ⅱ
折り紙や絵の具など、さまざまな材料を使っておもちゃを製作。こどもの年齢別の遊び方やサポート方法まで学びます。

こどもの保健Ⅰ〜Ⅲ
こどもの疾病予防や事故の予防、衛生・安全管理などを理解し、こどもの発達と子育て支援における保育士の役割を学びます。

手話Ⅰ・Ⅱ
日常生活に欠かせない挨拶や歌など、表現する楽しさをこどもたちに伝えるための技術を身に付け、障がい者の気持ちを理解します。


時間割(一例)

表:時間割

表:時間割


学生作品gallery

学生作品例

こども福祉科施設実習

保育園、幼稚園、福祉施設など実際の現場でこどもや障がい者とふれあいながら、プロとして必要なスキルと姿勢を身につけます。さらに、現場での援助を実際に体験することで、将来への目的意識が芽生えます。


実習のポイント
1.保育所だけではなく、福祉施設での実習もできる

2年次の保育実習は、学生が働きたい施設での就職を意識して「保育園」「福祉施設」どちらの施設でも実習が可能です。福祉施設とのパイプが強い、せいとくならではのシステムです!

2.実りある実習を行うための事前学習、事後学習が充実

現場での実習を大切にするせいとく。だからこそ、実習前と実習後の学習を重視しています。通常授業での実習対策に加え、実習直前集中指導、実習事後集中指導を行い、実りある実習を行うための学びを充実させています。

3.各コースで特色ある実習を実施。即戦力の人材を養成します

保育士・幼稚園教諭コースでは、保育所、幼稚園、福祉施設などで実習を行います。保育士コースでは、保育所、児童館、福祉施設などでの実習を実施。それぞれのコースごとに特色ある実習先での体験を通して、即戦力の人材を養成します。実習での働きが認められ、そのまま就職に至ることも珍しくありません。


施設実習の流れ
実習前フォロー
  • 保育士・幼稚園教諭コース
  • 保育士コース

保育所と児童養護施設や知的障がい者施設などの福祉施設での実習があります。学生一人ひとりの希望と適性などを考慮し、実習先を決定します。

1年次
保育実習 I[保育所:10日間]
  • 保育士・幼稚園教諭コース
  • 保育士コース

初めての保育実習では、一日の流れをつかみ、こどもの観察や関わりを通して乳幼児への理解を深めます。授業で学んだ遊びや制作などを実践。生活や遊びの一部を体験しながら、保育士に必要な技術を身につけます。

保育実習 I[福祉施設:10日間]
  • 保育士・幼稚園教諭コース
  • 保育士コース

利用者との関わりを通して、施設の役割を理解し、支援の方法を学びます。

主な実習先

児童養護施設/障がい児入所施設/障がい者支援施設/児童発達支援センターなど

児童館実習[児童会館:10日間]
  • 保育士コース

保育士コースのみの実習です。児童館・児童クラブの機能と活動内容について理解を深め、児童厚生2級指導員資格を取得するための知識と技術を習得します。

主な実習先

児童会館、児童クラブなど

2年次
教育実習[幼稚園:20日間]
  • 保育士・幼稚園教諭コース

幼稚園での指導法やこどもたちとの関わりを学び、幼児教育を実際に体験しながら専門技術を身につけていきます。

保育実習 Ⅱ・Ⅲ[保育所 or 福祉施設:保育士幼稚園教諭コース10日間・保育士コース15日間]
  • 保育士・幼稚園教諭コース
  • 保育士コース

本人の就職希望先などを踏まえて、保育所かその他の福祉施設かを選択することができます。保育士コースは長期の実習で、より深く実践力を身につけます。

実習後フォロー
  • 保育士・幼稚園教諭コース
  • 保育士コース

実習の学びについて、個別にレポートをまとめ実習報告会で発表します。それぞれの体験を語り合い、さまざまな角度から実習を振り返ることで、プロへの第一歩につなげます。

teacher's voice せんせいの声

藤田 留美先生

□担当科目:
保育・教職実践演習、こどもと人間関係、こどもと環境、こどもと言葉Ⅰ、保育内容総論、こども学概論、卒業研究

授業では、現場での事例や子育ての経験も授業に組み込むように工夫しています。保育士に向いているのは、第一にこどもが好きな人!あとは、楽しいことが大好きで相手を思いやれる人。様々な体験を通して、保育者の基礎を身に付けよう!
ともに笑って学生生活を送りましょう!

町田 幸作先生

□担当科目:
手話Ⅰ・Ⅱ、憲法、環境Ⅰ・Ⅱ

教科書通りではなく、一方通行にならないように、学生とのやり取りをしながら授業を進めています。
歌・ピアノ・絵本読み・手遊びなどはもちろん、様々な物・環境の中で、こどもたちとともに遊びを見つけていけるような感性を身に付けてほしいです。

在校生Q&A

1.せいとくを志望した動機は? 2.好きな授業、ためになる授業は? 3.せいとくに入学して良かったことは? 4.今後の夢・目標を教えてください。

ピアノ初心者でしたが、先生の個別指導のおかげで今では何曲か弾けるようになりました。

峯岸 美月さん
こども福祉科 保育士・幼稚園教諭コース
札幌真栄高校出身
  • 体験入学に参加した際に、先輩たちが常に笑顔でとても頼もしかったことが印象的でした。「自分も先輩のようになりたい」と思ったのがきっかけです。
  • 「音楽表現」です。ピアノは初めてですが、個別に指導してくれるので自分のペースで練習できます。今では何曲か弾けるようになりました。
  • 「報告・連絡・相談」の大切さやあいさつなど、人として成長できるところ。どんな仕事についても、これらは大切なので、ここで学べて良かったです。
  • こどもたち一人ひとりの個性を理解できる、優しい心を持った保育者になることが夢です。
人に指示されてから行動するだけではなく、自分で考えて行動できるようになりました。

村本 京也さん
こども福祉科 保育士・幼稚園教諭コース
松前高校出身
  • 2年間で保育士と幼稚園教諭の資格が取得できることと、体験入学で在校生や先生の雰囲気がとても良かったと感じたことがきっかけです。
  • 「応対論」です。言葉遣いや電話応対などが身につき、就職活動にも活かせました。実習時には、あいさつやマナーで褒められることも多かったです。
  • 人に指示されてから行動するだけではなく、自分で考えて行動できるようになりました。
  • せいとくで学んだ知識や技術を活かし、今まで支えてきてくれた家族への恩返しをするため、一生懸命働きたいです。
私に合う保育のかたちを先生が一緒に考えてくれて、自分の目指したい方向が明確になりました。

神保 湖穂さん
こども福祉科 保育士コース
札幌稲雲高校出身
  • せいとくは母の母校で、興味がわき体験入学に参加しました。当日、学校に入った瞬間、アットホームな雰囲気で「ここで学びたい!」と思いました。
  • どの授業も好きです。現場を経験した講師が多く、実際にあったエピソードを交えながら指導してくださるので、とても分かりやすいです。
  • 「保育士の仕事に向いていない」と悩んだ時、先生が私に合う保育スタイルを一緒に考えてくれて、目指したい方向が明確になりました。
  • 私は、「見守り保育」が中心の保育所に就職したいと考えています。そのために必要な知識や技術を、卒業までに身に付けていきたいと思っています。
学校に入った瞬間に「あったかい」と感じたほど、雰囲気が良く、自分にピッタリだと思いました。

松浦 希未さん
こども福祉科 保育士コース
別海高校出身
  • 手話などの福祉系授業が充実しているところ。また、学校に入った瞬間に「あったかい」と感じたほど雰囲気が良く、自分にピッタリだと思ったから。
  • ためになる授業は「応対論」。実習やボランティア先のこどもたちの前で手遊びなどをする時、姿勢や表情などを意識する力が身に付きました。
  • 状況を見て、柔軟に対応する力や人前に立つ責任感がつきました。勉強だけではなく、人として大切なことも熱心に指導してくださるところが良いです。
  • 将来は知的障がい者施設で働きたいです。利用者さんが楽しく毎日を過ごせるような支援をしていきたいと、実習を通して心から思いました。
  • せいとくの「1日体験入学」何度でも参加して、ナットクできる進路を選ぼう!保護者の方もお気軽にご参加ください。
  • せいとくのことをもっと知りたいなら…資料のご請求はこちら
このページのトップへ