せいとく介護こども福祉専門学校|2年間で保育士資格・幼稚園教諭免許または介護福祉士の資格

  • 資料請求
  • 体験入学
  • 交通アクセス
フリーダイヤル 0120-963-667 〒064-0811 札幌市中央区南11条西8丁目
HOME > 介護福祉科

高齢者・障がい者とその家族に信頼される、介護のプロになろう。

2年間で取得できる資格|就職の可能性が広がる3つの資格。|介護福祉士(国家資格受験資格)/レクリエーション・インストラクター/専門士

せいとくで学ぶメリット

平成29年度就職決定率100%
  1. 卒業と同時に国家資格「介護福祉士」の
    受験資格が取得できます。
  2. 充実した生活を送るための活動を提供する「レクリエーション・インストラクター」の資格も取得可能です。
  3. 創立100年。北海道初の介護福祉士養成校※の実績と、業界に広がるネットワークが強み。
  4. 大学編入も可能になる「専門士」の資格も得ることができます。
  5. 一人ひとりの個性と適性を伸ばすクラス担任制で、学生生活の悩みや不安も安心へと導きます。
  6. 平成29年度就職決定率100%!一人ひとりの希望就職を全ての教員がサポートしています。
  7. より深く介護を学び、人間性を育む「ボランティア活動」。就職活動にも役立つプログラムです。

※厚生労働省指定

「介護福祉士」の仕事

日常生活が困難な高齢者や障がいのある人などに対して、食事や入浴、排泄などの身体介護を行う、国家資格の専門職です。さらに、その家族などをサポートする役割も担っています。現場では、ケアワーカー・寮母さん・介護さんと呼ばれることもありますが、資格取得者しか介護福祉士の名称を使用することはできません。

介護福祉士に求められる力

  • 感性豊かな人間性と幅広い教養。
  • 介護の仕事が好きである。
  • 同僚や周囲の人と協調性を持って取り組める。
  • 利用者を理解するとともに、命と安全を預かる責任感。
  • コミュニケーションがとれる。
  • 健康管理がしっかりとできる。
  • 利用者・家族・同僚への気配りや心配りができる。
  • 謙虚な姿勢を持ち、成長するための努力を怠らない。

コラム 活躍の場と仕事内容

特別養護老人ホーム、介護老人保健施設などでの施設介護

高齢者の日常の身の回りの世話から、入浴介助などの身体介護的な業務全般を担当します。日常の関わりから、その人の役割や可能性を一緒に考えていきます。

グループホーム

家庭的な雰囲気の中で、認知症高齢者と一緒に日常生活を営むほか、入浴や食事介助など身の回りのケアを一緒に行います。

デイサービスセンター

通ってくる高齢者の食事や入浴介助、レクリエーションなどを行います。自宅では難しいことを、通いで行うことで、自宅での生活を可能にします。

療養型などの病院

ケアワーカーとして、着替えや食事、入浴介助など、療養中の介護業務を担います。

障がい者支援施設

支援員として、障がい者の生活支援や作業・訓練のサポートを行います。障がいを持ち生活しても、社会参加できるように支えていきます。

POINT

  • 現場に直結した実技の授業が豊富

    移動や食事の介助など、施設で生活する人をサポートしていくために必要な実技の授業を豊富に用意。介護の現場に直結した内容で、実践力が身につきます。

  • 知識×技術×人間性がバランス良く学べる

    介護福祉士養成のためのスキルのほか、手話や点字といった障がいへの理解を深める授業など、せいとくならではのカリキュラムで福祉の心を育てます。

  • 施設別の介護実習で就職の幅が広がる

    高齢者施設のほか、障がい者支援施設などさまざまな施設で実習を体験。2年間で4回、約50日の実習を積み重ねることで視野を広げ、就職の選択肢も広げることが可能です。

  • 「知識」や「理論」がしっかり学べる

    老化や障がいに関する理解、認知症の症状など、支援者としての基礎となる知識や理論もしっかり習得できます。学んだ知識は介護実習で磨きをかけていきます。

授業内容|せいとくではこんな授業を行います。

生活支援技術(食事)
介助する側とされる側を体験し、介助するだけにとどまらず食事介助に必要な姿勢づくりや会話の大切さを学びます。

医療的ケア
喀痰吸引や経管栄養など、医療的ケアを安全に行うための注意点や身体のメカニズム、病気や、その症状について学びます。

コミュニケーション技術演習
支援者と利用者、その家族に分かれて、ロールプレイを実践。信頼関係を築くためのコミュニケーション能力を養います。

国家試験対策
過去問題を研究した対策問題や模試を実施。介護福祉士国家試験の全員合格を目指します。


時間割(一例)

表:時間割


施設が求める技術を身につけられる!せいとく独自の介護技術検定

体位交換や移動介助など、専門的な技術ごとに検定を実施。通常の授業に加えて、介護の現場を想定しながら個別指導を受けられるので、実践力が身につきます。

ステップごとのテーマ

A:ベッドメイキング B:ベッド上での体位交換 C:ベッドから車いすへ D:車いすからベッドへ E:座ったままでの着替え F:寝たままでの着替え G:ベッド上での浴衣の着替え H:トイレ介助 I:ベッド上でのおむつ交換 J:修了検定

介護福祉科施設実習

保育園、幼稚園、福祉施設など実際の保育現場で子どもや障がい者との関わりを通して、必要なスキルが身につきます。

1年生の実習は、10月から始まりますが、授業や準備は入学してすぐの4月から始まります。実習は、受け身ではなく自らプロデュースするもの。座学だけではなく、施設見学やボランティア活動などを行い、自分で学びたいことを一緒に考え、学生がイメージできるような指導を行っています。


施設実習の流れ
実習前フォロー

実習先は、特別養護老人ホームなどの高齢者施設だけではなく、障がい者支援施設などの福祉施設もあります。学生一人ひとりの希望と適性などを考慮し、実習先を決定。事前に訪問してから目標を立て、実習にのぞみます。

主な実習先

【特別養護老人ホーム】
身体上、精神上の障がいがあり、家庭での生活が困難な高齢者が入所されています。食事や入浴など生活全般にわたる介護を行う施設です。
【介護老人保健施設】
医師の管理のもと、看護・介護のほかリハビリテーションを行い、家庭への復帰をめざす施設です。
【障がい者支援施設】
障がい者の方に生活支援や作業・訓練のサポートを行い、社会参加できるように支援する施設です。

1年次
介護実習Ⅰ- ① 利用者理解を中心に学ぶ[19日間]

介護を必要とする人はどのような人かを知ろうとする実習です。入所型介護施設での介護を体験して、次回の実習につながる実践力と、自分が目指す介護のイメージを具体化していく実習です。

主な実習先

介護老人福祉施設(特別養護老人ホーム)、介護老人保健施設、地域密着型介護老人福祉施設、障がい者支援施設(身体障がい者施設)

介護実習Ⅰ- ② 施設理解を中心に学ぶ[5日間]

福祉施設を利用する人はどのような人なのかを知ります。I-①以外のさまざまな生活の場に入ることで、利用者の日常生活の理解や介護支援サービスの多様性を体験から学びます。

主な実習先

通所介護(デイサービスセンター)、通所リハビリ(デイケア)、認知症対応型共同生活介護(グループホーム)、軽費老人ホーム(ケアハウス)、小規模多機能型居宅介護、障がい者支援施設、救護施設

介護実習Ⅰ- ③[12日間(2カ所)]

在宅の方が対象の訪問介護実習です。ホームヘルパーとの同行訪問を行い、業務を体系的に理解するとともに、他職種の連携による在宅ケアのあり方について学びます。

実習先

訪問介護事業所

2年次
介護実習Ⅱ[25日間]

入所型介護施設で長期間の実習を行い、個別ケアを実践的に学びます。さまざまな職種との連携のあり方や統一された援助方法について理解を深めます。

主な実習先

介護老人福祉施設(特別養護老人ホーム)、介護老人保健施設、地域密着型介護老人福祉施設、障がい者支援施設(身体障がい者施設)

実習後フォロー

実習前に立てた目標に沿って行動ができたかどうかなど、個別にレポートをまとめグループ検討会で発表します。それぞれの体験を語り合い、さまざまな角度から実習を振り返ることで、プロへの第一歩につなげます。

teacher's voice せんせいの声

小野 千晴先生

□担当科目:
生活支援技術(排泄Ⅰ)、生活支援技術(移動)、介護過程Ⅰ、介護総合演習Ⅱ

介護は人の生活を支え、幸せを支える仕事です。「どんなことができるのだろう?」と考えれば、可能性は1+1=2ではなく、10にも100にも無限大に広がります。そこが介護の魅力のひとつです!そのために、必要な知識や技術、人とのかかわり方を学び、2年後に介護福祉士国家試験合格を目指してほしいです。

永平 隼先生

□担当科目:
介護の基本(介護概論Ⅱ)、生活支援技術(移動Ⅰ)、認知症の理解Ⅱ、介護総合演習Ⅰ、介護技術検定

初めての実習では不安や緊張も大きくなりがちですが、「人との関わりが楽しいものであると感じてほしい」と思い、実習前に必ず目標を設定してもらいます。実習の目標には、3つの柱があります。「利用者理解」「介護技術の習得」「施設理解」です。介護を必要とする人のための技術を身につけることはもちろんですが、今まで気づかなかった福祉に関わり、自分には何ができるのか考える力をぜひ身につけてほしいと思っています。

長屋 敦志先生

□担当科目:生活支援技術(入浴・清潔・身支度の介護)、排泄Ⅱ、介護過程Ⅰ、介護の基本Ⅰ、介護実習ⅠⅡ、介護技術検定

自分の不得意な部分に気づくためにも不合格を怖がらず、どんどん受験してほしいですね。最後の修了検定は、各段階の一連の介助を行います。さらにアクシデントが発生した場合の対応もしていきます。これは就職してから現場で起こりうる状況も想定しているためです。
一つの場面だとできることも、一連の流れの中で行うのは案外難しいのです。そうすることで、応用力・実践力につながると考えています。

在校生Q&A

1.せいとくを志望した動機は? 2.好きな授業、ためになる授業は? 3.せいとくに入学して良かったことは? 4.今後の夢・目標を教えてください。

人に見られる仕事だと自覚でき、言葉遣いやコミュニケーション力を高めることができました。

緒方 美里さん
岩見沢緑陵高校出身
  • 先生と生徒の距離が近く、雰囲気が明るくて自分に合っていました。100年の歴史ある学校で良い学びができると思ったから。先輩・後輩の仲も良いです。
  • 手話が、せいとくならではの授業なのでとてもためになりました。言葉だけではなく、身振り手振りを使って相手にわかりやすく伝える力が身に付きました。
  • 先生がとてもわかりやすく熱心に教えてくれるところ。人に見られる仕事だと自覚でき、身だしなみや言葉遣い、コミュニケーション力が伸びました。
  • 介護福祉士の国家試験に合格すること。介護技術検定を、オールシルバーで合格することです!
介護福祉士として現場を知るために、介護で歴史と実績のあるせいとくに決めました。

田中 湧也さん
江別高校出身
  • 最初は社会福祉士を目指していましたが、まず介護福祉士として現場を知るほうが将来的に役立つと言われ、介護で実績のあるせいとくに決めました。
  • 「介護過程」は利用者の生活の課題を見つけ、その課題を解決するための授業です。利用者の言動を知る大切さに改めて気づき、学ぶ力がつきました。
  • 「介護技術検定」では先生からのアドバイスで自分の課題がわかりました。技術だけではなく、声がけや目線を合わせることの大切さに気づけました。
  • 笑顔で関われる職員になること。入学前は社会福祉士を目指していましたが、今は利用者といつもかかわれる介護福祉士として活躍したいです。
  • せいとくの「1日体験入学」何度でも参加して、ナットクできる進路を選ぼう!保護者の方もお気軽にご参加ください。
  • せいとくのことをもっと知りたいなら…資料のご請求はこちら
このページのトップへ