せいとく介護こども福祉専門学校|2年間で保育士資格・幼稚園教諭免許または介護福祉士の資格

  • 資料請求
  • オープンキャンパス
  • 交通アクセス
フリーダイヤル 0120-963-667 〒064-0811 札幌市中央区南11条西8丁目
HOME > ゼロガク・プロガク

入学前の不安を、ワクワクに変える。入学準備プログラム。資格取得はゴールじゃない。期待を超え続けるための卒業後サポートプログラム。

ゼロガク 入学前の不安を、ワクワクに変える。入学準備プログラム。

ゼロガクとは?

せいとく入学前1年間を「0学年(ゼロガク)」と位置づけた独自プログラム。福祉の分野はもちろん、仕事をする上で必要なチカラをいち早く学び、ゼロガクを通して、将来の夢を真剣に目指す仲間をぜひ見つけてください!

せいとく「ゼロガク」4つのメリット

  • プロの道を真剣に目指す
    仲間と出会える!
  • 福祉職に就くための
    基礎力が身に付く!
  • 先生・先輩と交流でき、
    より学校のことがわかる!
  • 自分の夢や目標を
    より明確にできる!
当日の流れ
  1. 受 付

    ゼロガク生であることを伝えてもらい、ゼロガクファイル・授業レポートを受け取ります。

  2. 総監督挨拶・学生証授与

    ゼロガクの意味について説明した後、一人ひとりに、学生証を授与します。

  3. プログラム内容

    担任・副担任の自己紹介の後、ゼロガクのテーマ「夢を叶える人間力」について説明します。入学後、目標を見失うことなく、前向きに物事を乗り越えるための人間力やチーム力について学べるグループワークを行います。

開催スケジュール

6月~3月までの全9回 2回目以降からの参加もOK!

主なプログラム(例)
  • コミュニケーション力を身につける
  • 今の自分を客観的に理解する
  • 短所を長所に変える魔法
  • 他者を受け入れる力を身につける
  • 人間関係の調整力を身につける
  • 学科別スキルアップ研修
  • 職業人としてのチームづくり
  • せいとくマナー講座
先生の声
五條 幸 先生
介護福祉科

学科を越えた仲間づくりと
「夢を叶える人間力」の基礎を養える場です。

入学すると、学校の環境やルール、人間関係づくりに戸惑う人も多いはず。しかし、専門職になるための授業は待ったなしで進みます。専門用語がいっぱいの授業、初めての実習などさまざまな課題にも直面します。将来の夢を叶えるには、いくつもの課題を乗り越えることが必要になります。その時、個の力だけではなく、仲間と励ましあい、成長し合える力も必要です。その基礎力をつける場・ゼロガクで、あなたの夢を応援します。

参加者の声
こども福祉科 参加者の声>
尾池 咲季 さん
北照高校出身

「どんな人になりたいか」考える時間も
具体的にイメージを描けるのがゼロガクです。

体験入学でゼロガクを知り、「どんなことをするのか」「どんな人がいるのか」が気になり参加しました。実際に、せいとくのことや先生のこと、学びについて知ることができ、さらに同じ学校に入学する人、同じクラスになるかもしれない人と入学前に仲良くなることができて、入学がとても楽しみになりました。先生や友人と親しくなれたおかげで、入学後は、聞きたいことや困ったことがあってもすぐに話しかけることができました。

介護福祉科 参加者の声>
金子 紗里花 さん
札幌丘珠高校出身

友だちができるか不安な人こそおすすめ。
自分の科以外の人とも交流できます。

同じ高校から進学した人が一人もおらず、とても不安だったので、入学する前に友人を作りたいと思いました。ゼロガクでは介護福祉科とこども福祉科、両方の科の人たちと交流を深められる上、グループで話し合いすることが多いので、自分の考えを人前で発表したり、意見をまとめたりする力が身につきました。人前で発表するのが苦手な人は、回数を重ねることで、苦手な部分を克服できるメリットも。ぜひおすすめします。

プロガク 資格取得はゴールじゃない。期待を超え続けるための卒業後サポートプログラム。

プロガクとは?

せいとくを卒業後、職業人として活躍できる人材サポートを目的に、勤務年数や役職別に「悩んでいること」「身につけたい能力」を満たす研修を学校独自で実施。参加者同士の交流は、「人間関係づくり・人脈づくり」にもつながり、仕事のモチベーションや新しい目標を持てるきっかけになります。人間性豊かな専門職をサポートする、それがせいとくの「プロガク」です。

当日の流れ
  1. 卒業生の体験談

    「保育や介護のプロ」として活躍する先輩の体験談を聞いて、自分に当てはまる問題や悩みを確認していきます。解決するヒントがどこかにあるはずです。

  2. グループワーク

    自分の悩みや職場で困っていることを話し合い共有します。参加者の考えていることを聞いて、共感したり、できそうなことをアドバイスします。

  3. 自分の想いを発表

    悩みや困っていることに対して、明日からどのように行動するかを発表します。色々な立場からのアドバイスが解決につながります。

  4. 振り返り

    「1年後の成長した自分」の理想像を考えていきます。「期待を超える、プロ」として、自分が何をイメージして、何を大切にしながら仕事をしていくのかめざす姿を具体化していきます。

  5. 懇親会・情報交換会

    経験者の話が解決に結びついたり、後輩からの想いを聞いて、初心に帰ることができます。普段接することの少ない先輩や後輩との絆を深め、仕事の悩みや困っていることを共有できる一生の仲間をつくる機会です。

開催スケジュール
5月

プロとして長く働くために〜
社会人5年以内を想定

モチベーションを維持するための「職場でのリアルな悩みの解決法」

10月

プロとして活躍するために〜
入職後5年以上を想定

スキルアップ・人材マネジメント

時代に合わせ、求められることが変化しています。新たな気づきが芽生えます。

先生の声
長屋 敦志 先生
プロガク責任者

働きながら学ぶことには時間も費用も限界があります。同年代の繋がりだけではなく、同窓の専門職ネットワークを共有し、それぞれの知識や経験を活かし、悩みをスッキリさせる場が「プロガク」です。せいとくは、本気で「プロ」をめざす人を応援します。

参加者の声
黒宮 優稀 さん
特別養護老人ホーム 静苑ホーム
岩見沢緑陵高校出身

仕事をする上での悩みは尽きないけれど、今の仕事や施設がやっぱり好きだなぁと再認識できました。プロガクでは、さまざまな現場で働く人たちと話せることで新しい発見ができます。他の施設のいいところを参考にできるのも、魅力だと感じました!

遠藤 亜美 さん
介護老人保健施設 サンビオーズ新琴似
札幌拓北高校出身

新人さんたちから、技術的な悩みや人間関係の悩みを聞き、新人や後輩を指導、育成していくうえでの関わり方のヒントなどを得ることができました。卒業後もサポートし、問題解決に役立つプロガクは心強く、本当に素晴らしい取り組みだと思います。

寺戸 優花 さん
美晴の家保育園
札幌静修高校出身

一年目で頑張っている皆さんの話を聞いて初心に戻り、「また明日から頑張ろう!」という気持ちになれました。プロガクは同じ職業の先輩後輩が、同じ悩みや不安を話せる貴重な機会。自分自身が成長していくためにも、一つのきっかけになれる場です。

  • せいとくの「1日体験入学」何度でも参加して、ナットクできる進路を選ぼう!保護者の方もお気軽にご参加ください。
  • せいとくのことをもっと知りたいなら…資料のご請求はこちら
このページのトップへ